受付時間 9:00~20:00 ※月曜(祝日の場合は翌平日)を除く
登録店:一般社団法人優良リフォーム支援協会 住まいの彩生館『福島県南店』
郡山本社:〒963-8041 福島県郡山市富田町大徳南19-6 ファーストハイツC-21
矢吹営業所:〒969-0202 福島県西白河郡矢吹町新町216-1
(東北本線矢吹駅から車で5分 駐車場:あり)
資材置き場:〒963-0212 
福島県郡山市逢瀬町河内字西長倉26番地2

アフターメンテナンス

アフターメンテナンスの特徴

約半年から1年の間に1回、設置している限りのアフターメンテナンス

太陽光・蓄電地・オール電化は、アフターメンテナンスはいらないと殆どの販売店は口を揃えるように言ってきます。

しかし、太陽光・蓄電池ほど、アフターメンテナンスが必要なものはありません。

太陽光は、鳥の巣を太陽光と屋根の間に作ってしまい、糞害による被害、又、近年の異常気象による風圧により固定しているケーブルが外れてしまい、屋根との接触で売電ロスや火災に大幅な影響を及ぼしています。

蓄電池は、太陽光との相性が悪いものを設置した場合、火災まで起こしてしまいます。

建装は、アフターメンテナンスでは、トルク圧による放電ロスもチェックし、顧客様へ直接、関わる売電ロスや発電ロスに影響を及ばさないように見廻りの無料アフターメンテナンスをしております。

鳥の巣の調査・撤去のアフターメンテナンス

太陽光と屋根の間には隙間が発生いたします。

実は、鳥にとっては、風が舞うので暑い日でも最適な環境となり、冬は、寒さを太陽光が防いでくれるので、とても快適な生活環境となってしまいます。

鳥の巣だけなら、問題はないのですが、鳥が出入りの時にケーブルに触ったり、鳥の糞がモジュールパネルについてしまったり、発電ロスや火災につながってしまいます。

通常、太陽光発電清掃業者に頼むと、約75,000円前後の清掃料金が発生してしまいますが、建装では無料で撤去しています。
但し、人道的に雛が巣立つまではお待ちいただいております。

 

太陽光と蓄電池の相性を調査・設置後のアフターメンテナンス

写真:日経デジタル

太陽光と蓄電池は相性が悪いのをご存じですか。

建装では、太陽光と蓄電池の相性を徹底的に各メーカーに調査を依頼し、更に、第一種電気工事士による工事をしています。

約半年に1回、設置している限り、電圧・トルク圧、目視を徹底し、放電ロスや火災防止に努め、売電や発電量にご負担をお掛けしないように見廻りアフターメンテナンスを無料でしています。

アフターメンテナンスの料金表

設置している限り半年前後のアフターメンテナンス費用

0円

鳥の巣の撤去のアフターメンテナンス費用

0円

太陽光と蓄電池のアフターメンテナンス費用 0円
トルク圧調査・調整のアフターメンテナンス費用 0円
放電ロス調査・調整のアフターメンテナンス費用 0円

アフターメンテナンスの流れ

設置している限りの約半年から1年の間に1回

日程調整は出来ませんが、約半年から1年の間に1回のペースで設置している限りアフターメンテナンスの巡回をしています。

当日、お留守でも、ご契約時にお家の敷地内に入らせて頂く了解のもと、パワーコンディショナーを中心とした電圧・トルク圧、目視を実施。

太陽光のアフターメンテナンスでは、配管の不具合、鳥の巣の有無や電圧・トルク圧等を確認。
蓄電池のアフターメンテナンスでは、配管の不具合や電圧・トルク圧と太陽光の不具合をチェックいたします。(太陽光は、建装以外で設置したものでも、蓄電池のアフターメンテナンスの時に太陽光も一緒にいたします)

鳥が巣を造ってしまったケース

顧客様にご報告をいたします。

後日、太陽光を設置した職人が現場調査を再度いたします。

雛がいなければ、その場で撤去をしますが、雛がいた場合は、雛が巣立つまで待っていただきます。

撤去する場合は、パネルをいじるようになり、ブレーカーを下げるで、顧客様がご在宅の日に行います。

撤去後、再度、ケーブルの間の電圧、パワコンの電圧のチェックをし、何も問題が無ければ完了となります。

固定ケーブルが強風で外れてしまう場合もあったようです

異常気象による台風や強風による風圧で、固定していたケーブルが外れて屋根に垂れ下がってしまうケースがあるようです。
あるようですと言うのは、建装では、まだ1件も不具合がございません。

このケースは、確かに、3年前までは耳にしなかったトラブルです。しかし、福島県でも台風19号の時に、2件、あったと所属団体の研修で伺いました。

モジュールパネルは耐熱処理がなされているので問題はありませんが、屋根材には耐熱処理はありません。火災までは発生することは無いようですが、3年前後の問題事例なので、まだ、実績報告が各メーカーには上がっていない状況です。

ただ、放電ロスが発生するので、売電や電気代に直接、関わってきます。

建装では、未だ1件もケーブルが外れたケースはありませんが、万が一、アフターメンテナンスで発見した場合は、その日、又は、翌日に太陽光を設置した職人による修繕をする修繕マニュアルがあります。
更に、修繕が終わったら、必ず、ケーブル間の電圧、パワコンの電圧のチェックをし、何も問題が無ければ終了のご報告を顧客様にするように修繕マニュアルで取り決めになっています。

未だ、ケーブルが外れたケースは1件もありませんが、万が一、ケーブルが外れていた場合は、大切なお客様の財産を最優先で守ります。

太陽光と蓄電の相性のチェック

出典:ソーラーパートナーズ

太陽光と蓄電池の相性を判断するために、パワコン・蓄電池の電圧・トルク圧のチェックを約半年から1年の間に1回、アフターメンテナンスの巡回をしています。

太陽光と蓄電池の相性問題では、ご契約前に各メーカー等に確認をしているので、未だ不具合は1件もありません。

しかし、電気関係に絶対は無いので、顧客様の大切な財産を守る為、建装では設置している限り、約半年に1回のペースでアフターメンテナンスを実施しています。

顧客様には、ご安心の中で蓄電池をお使いいただいております。

アフターメンテナンスを利用された事例

鳥の巣が現実になってしまった

いわき市のSさん(23歳)

田んぼが周りを覆っているので、鳥の巣を警戒していました。

実際、ご契約の決め手も「鳥の巣の撤去費用はかかりません」の言葉を重視していただき、他の4社の相見積りとなっていて、他の4社は鳥の巣の撤去の場合、外注に出すので、撤去費用として7万円~8円と言われたそうです。パネルの下にあるので、パネルを外す作業となるので、かなり面倒な作業となり、当然といえば当然かかってしまうものとなります。

建装の本社は、リフォーム全般をしているので、太陽光は自社施工で、全く、問題なく撤去をし、その後の各電圧確認を設置の職人と電気の職人とダブルチェックをします。

S様の場合、雛がまだ巣立っていなかったので、巣立つまで待っていただきました。

ご主人様からは
「鳥のすの話は聞きましたが、まさか自分の家がびっくりしました。てっきょも、ひながいたので、何度も足をはこんでくれて、大きくなったら本当に取ったので感動しました。」
とのお言葉を頂きました。

鳥が入らないように、隙間を塞ぐ工法を通常はするようです。しかし、太陽光は熱に弱いので、風は不可欠となり、ある程度の風の通気がなければ、暑い夏は、極端に売電収入が落ちてしまいます。

顧客様の売電収入を考えるなら、塞がない事で、再度、鳥の巣があったら撤去すればいいことと思います。建装は、あくまでもお客様第一主義の会社ですから。

近所の家で台風で屋根からパイプ管の留め金が無くなって

福島市のFさん(41歳)

ご近所でPF管が外れたので、不安になってご連絡を頂きました顧客様です。

台風19号の直後、上記のお話を頂きました。

アフターメンテナンスに職人と伺いましたが、顧客様のPF管
は問題がございませんでした。

ご近所様も見て欲しいとのことで、お伺いさせていただき、直して頂くまで、相当なお時間がかかると言われてしまったとのことで、お困りのようでした。外れたビス穴はコーキング(シーリング)処理をしないでビス止めだけでしたので、外れないようにビス穴を処理し、コーキング処理をして修繕をさせていただきました。

従前費用をとのことでしたが、頂く事は出来ないので、おいしい羊羹と紅茶を頂き、安心した奥様と、顧客様の安心した顔が印象に今でも残っています。

奥様からは
「遠くから来たんだからお金を言ってあげて」
と、お気遣いのお言葉を頂戴しましたが、顧客様が、大切なご近所様に建装をご紹介してくださっただけで、担当冥利に尽きます。本当にうれしかったです。

いかがでしょうか。

このように「太陽光と蓄電池の赤字改善」では、光熱費の削減や固定買取後の売電収入と光熱費を大幅に利益として得る事が可能です。

「太陽光と蓄電池の赤字改善」に興味をお持ちの方は、是非、お気軽に光熱費赤字改善コーディネートのご依頼・無料調査のご依頼・お問合せ・ご相談ください。

※最後までお読みいただき心から感謝申し上げます。建装は、太陽光と蓄電池の施工ID取得の担当がお話をお伺いさせていただきコーディネートや調査をいたします。
しかし、担当では難しい場合は、「第一種電気工事士」が直接、調査をいたします。是非、先ずは、お気軽に「光熱費赤字改善コーディネートのご依頼」「無料調査依頼」「お問い合わせ」から一緒に初めてみませんか。

お気軽にお待ち申し上げます。

お気軽に光熱費赤字改善コーディネートのご依頼       ・無料調査のご依頼・お問合せ・ご相談ください

お電話での光熱費赤字改善コーディネートのご依頼・無料調査 のご依頼・お問合せ・ご相談はこちら
0248-21-6367
受付時間
9:00~20:00
定休日
月曜(祝日の場合は翌平日)

お気軽に光熱費赤字改善コーディネートのご依頼・無料調査のご依頼・お問合せ・相談ください

お電話でのコーディネート・無料調査・お問合せ・相談予約

0248-21-6367

フォームでの「光熱費赤字改善コーディネートのご依頼」・「無料調査のご依頼」・「お問合せ・相談予約」は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

W受賞

                ソーラーパートナーズ
  2020年度ベストパートナー賞
   全ての東北電力管内(東北)
   太陽光発電・蓄電池部門
       第一位

株式会社建装

住所

郡山本社
〒963-8041
福島県郡山市富田町大徳南19-6 ファーストハイツC-21

矢吹営業所
〒969-0202
福島県西白河郡矢吹町新町216-1
(東北本線矢吹駅から車で5分)

受付時間

9:00~20:00

定休日

月曜(祝日の場合は翌平日)

新着情報・お知らせ

2021/3/31
ソーラーパートナーズ様から東北電力管内(東北)太陽光・蓄電池のWの受賞をいただきました
2021/2/17
ソーラーパートナーズ蓄電池をアップしました
2021/2/11
建装の太陽光・蓄電池の取り扱いメーカーをアップしました