卒FITで直面した問題からの脱出

 2009年の開始から10年が経過した2019年。 『固定価格買取制度(FIT制度)』による固定買取が10年という制限で迎えた満期の年に、俗に言う『卒FIT』になった人は、開始当時は売電単価1kwhあたり48円だったにも関わらず、満期後は一気に39円も下がり『9円』になってしまいます。 いわゆる、この『太陽光発電の2019年問題』で嘆く人は全国で56万人以上と言われ、「発電しても売電単価が安すぎて利益は得られない」、「設置費用で組んだ長期ローンがまだ残っている」など、ただただ頭を抱える状況に直面しています。 これだけ聞くと、もはや太陽光発電には利用価値もなく、今後も利用者がいなくなってしまうのではとさえ思えてきます。
 しかし、この『卒FIT』をきっかけに、利用目的を『売電』から『自家消費』へと転換した太陽光発電の利用方法で、マイナス要素しかなかった今後の利用価値がプラス要素へと、大きく変わろうとしています。

電気代0円生活と停電時の安心を蓄電池で

 さて、「利用目的を『売電』から『自家消費』に転換って、実際はどういうことなの?」と思われる方もいらっしゃると思うので、簡単に説明致します。 今までは太陽光発電によって得た電力を、ご自宅などで利用した際に余った『余剰電力』を、全国の電力会社へと売ると言う『売電』にて利益を得るのが太陽光発電を設置する主な利用目的でした。
 対して『自家消費』は、発電した電力を売らずに、『ご自宅などで利用する』ことを主な利用目的としたもので、これによりご自宅などで利用する分だけで済むように発電量をセーブした低価格な太陽光発電システムが販売されていきました。(※詳しくは太陽光発電のページを参照してみてください) すでに設置されている方でも『蓄電池』を加えることによって、太陽光発電で蓄えた蓄電池の電気のみを使い、一般の電力会社の高い電気を使わずに『電気代0円』生活をすることも可能です。 また、災害などで停電した時でも、太陽光発電と蓄電池があれば電気を使うこともできます。
 夜の暗闇、冬の寒さ、情報を得られない孤独などの不安を大きく軽減できる、そんな大きな利用価値のあるものとして、世間では話題になっています。

需要が加速する蓄電池市場

 そもそも、太陽光発電と蓄電池の需要が急増したのが、震災や天災による災害以降です。 あまりにも被害の甚大さに長引くライフラインの断絶に、各々でライフラインを確保しようという動きから太陽光発電や蓄電池が話題にあがりました。 とはいえ、当時は設置費用にも数百万円もかかり、誰もがすぐに設置することなどできないのが現実でした。 製造メーカー各社がこぞってコストを削減しつつ、性能も良いものをと製作に励んできた結果、さらなる進化を遂げた省スペースの自家消費型の蓄電システムが登場しました。 高性能は保ちつつ、経済的で自給率重視の蓄電システムとは、田淵電機の蓄電ハイブリットシステム『EIBS(アイビス)』です。

 

弊社でもおすすめしています!

 そんな話題の蓄電池を、弊社でも皆様におすすめしております。 卒FITで太陽光発電の利用を悩んでいた方、これから新規で太陽光発電を設置しようとしている方、電気代を0円へと削減してみたい方など、災害時でも安定した電力と家計に優しい、田淵電機の蓄電ハイブリットシステム『EIBS(アイビス)』のご紹介をさせていただきたいと思いますので、ぜひ一度ご覧ください。

自給率を重視したエコで経済的な蓄電ハイブリットシステム『EIBS』をご紹介




EIBSシリーズ

 EIBSシリーズには蓄電容量の違う2種類があり、4kwh×2=8kwhの『EIBS』と7.04kwh×2=14.08kwhの『EIBS7』がございます。 使用目的に合わせてお選びください。

蓄電池の設置をお考えの方は

 蓄電池は太陽光発電と違って、設置している太陽光発電との相性がございます。 相性が悪いとちゃんと充電が出来ずに火災につながるケースがございます。 弊社は、一般社団法人優良リフォーム支援協会登録店の為、お客様の太陽光発電と蓄電池の相性が悪いのを分かっていて蓄電池の設置を進めるような営業はしておりません。 その為、初めに『無料現場調査』をさせていただいております。 『太陽光発電と蓄電池の相性』を見させていただき、調査報告書によっては、設置をしない方が良いご事情をご説明させていただき、ハッキリと蓄電池設置は出来ないとお断りしております。 先ずは、お客様のお家が、太陽光発電と蓄電池の相性が合うかどうか、又、蓄電池を設置する意味があるかどうかの『メリット』と『デメリット』をお知り下さいませ。 只今、弊社では、無料現地調査を推進しております。 是非、プロの診断をお受け下さいませ。